前職の経験やキャリアを伝える

 応募先の会社に応募する場合、転職活動中に在職している業種や職種が同じならば、現在までの仕事のキャリアが自分の強みになります。現在まで様々な仕事を行ってきて、多様なビジネスの経験が応募先の会社でどのようにプラスになるのかを考えます。具体的に転職先に即戦力となる部分を把握しながら、志望動機をアピールします。

 

業種が異なる会社にアピールするコツ

 異業種に転職を行う事を前提に活動を行う場合、現在までのビジネスにおいての知識や経験は有効的です。仮に現在まで商品関連の開発の仕事に勤めていたとして、開発などの知識が豊富ならば、転職先で知識を発展させるなどの即戦力としての印象の良いアピールが好ましいです。業種や職種を経験していないとしても、これまでのビジネスの経験で即戦力を全面的に伝えるという意識は大切です。

 

同じ業種へ志望する際に気をつける事

 豊富な実務を経験した応募者が同じ業種に志望する時、採用担当者から見たら同じ業務に志望することを疑問に思う場合もあります。同じ業種に志望するならば志望理由に関して、転職をせざるを得ない理由を明確に示して、応募先の会社で一段と自分を発展させる改革が必要です。但し、勤めた経験のある会社で得た経験などの良い所をアピールする事が前提です。