転職で大切なのは視野を広げる事だと思います。仕事を選んではダメという人が居ますが、そうではなく仕事は多少は選ぶことも大切です。実際に人には適用能力がある分野と、無い分野があるので何でもこなせる人はいません。そのため、ある程度仕事を搾ることは大事です。

 

 だからと言って、一つの分野や業種だけに搾るのもよくありません。つまり視野を広げて行く事も求められます。そのためには、これだけは自分に向いていないという仕事を決めて、それ以外の分野で出来そうな仕事を選んでいけばよいと思います。

 

 例えば営業だけは絶対にしたくないという人が居たなら、営業の仕事を避けて他の職種にどんどんチャレンジしていけば良いです。それを決める際は、自分が得意な分野や好きなことなどで決めても良いと思います。つまりやりたくないことにチャレンジする必要はありませんが、自分が出来そうなことなら、何でもやっていこうという意思が大切です。

 

 その理由は転職活動は中々厳しいのが現実です。つまり、あまり仕事を選び過ぎるとチャンスが少なくなる現実があります。そのため、多くの会社を視野に入れて、多くの会社の採用試験を受ける必要があります。言い方は悪いですが、数撃ちゃ当たるという考え方も大切です。

 

 特に、年齢によっては選択肢が一気に狭まるので、会社を選び過ぎずにたくさんの会社を受けていく必要があります。それによって転職が決まることになります。これらのように、転職活動は視野を広げる必要があるため、新たな分野や業種にチャレンジすることも求められます。