転職をするときに「転職さえしてしまえば後はどうにでもなる」という気持ちを持ちながら転職に臨んではいないでしょうか?

 

 確かに、ある程度は強引に転職希望先の企業に売り込んでいかなければなりませんので、そうして「後は野となれ山となれ」で、転職に対して突き進んでいく推進力はとても大事です。しかし、あまりにも転職の計画性がなく突っ込んで行くのは、決して褒められたことではないと私は思います。

 

 転職活動中はとても精神的に不安定な状態が続きますから、早く採用されて精神的に楽になりたいという気持ちはわからないでもありません。しかし、目先の果実ばかりに目がいってしまい、その先に崖が待っていたとして、その果実をあなたは取りに行きますか?わかっていれば、果実を取らずに踏み止まるはずです。

 

 ですから、たとえ転職できそうな企業が目の前にあったとしても、自分自身が働きたい理想の企業と異なっていたならば、そこへ応募してはいけないのです。やはり、転職というのは1日2日をみすえてするものではなく、年単位でみすえてしなければいけないものです。

 

 強引に転職を果たせばそのときは気分が高揚して喜びに満ちあふれるかもしれませんが、いざ仕事が始まったならば「失敗したなあ」と後悔に顔を歪めてしまうことがままあります。

 

【おすすめサイトのご紹介】
40歳が転職を成功する条件
40歳の転職を有利にするための情報ガイド

 

財政投融資(国からの資金の貸付・投資) : 財務省

 

 ですので、あまり強引に転職を決めてしまうことは、短絡的にはそれでもよくても長期的に考えたら失敗してしまう可能性のほうが高いので、私はそういう転職のしかたを決してオススメできません。つまり、転職は採用されるまで忍耐が必要だということです。